読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smallpalace's blog

鯖缶主婦の日々の記録です

保育園のクリスマス会2015

こんにちは。smallpalaceです。

白いブラウス(ワンポイント可)と黒の膝丈スカートと白ハイソックスというドレスコードのおたよりをもらって作ってみました。

黒のスカート。長いのでウエストで調整。(CUCITO2013秋号88)

家にあった材料で作ってみました。タンスの肥やしがちょっと消化できてまんぞくです。 嬢ちゃんは「プリンセスみたいでステキ〜❤︎」と鏡に向かってポーズとりまくりでした。

あと白い生地(ウエディングベアの嫁熊衣装の余り)もあったのでブラウスも作ってみました。

制作過程の地味なのも載せちゃいます。

型紙は以下「ほんのりsweet〜」に載ってるSのパターンです。元のデザインにフリルはついてなくて前身頃と後ろ身頃がニット生地だったので若干脇の部分縫しろ多めにしてゆとり出るかんじに縫いました。

ほんのりsweet女の子の服 (Heart Warming Life Series)

ほんのりsweet女の子の服 (Heart Warming Life Series)

フリルの端っこ処理にスソだけヒートペン使ってみたけど、切ったついでに熱処理できると後からほつれ止め塗るよりラクでいいなぁと思いました。

ハッコー マイペン FD200-1

ハッコー マイペン FD200-1

なんでこんな機械が家にあるかというと、Amazonのレコメンドシステムでドールのドレスをヒートペンで作るマニアックな本を見かけてウッカリぽちったせいです。べんり。高温なので素早くやらないと焦げたり溶けたり穴あくというかコツが要るかんじですね。

機械はちょっとアレな場合は筆ペンタイプのほつれ止めがいいと思います。

KAWAGUCHI(カワグチ) ほつれ止め 筆ペン 5ml×2本 (本体+詰替用) 19-535

KAWAGUCHI(カワグチ) ほつれ止め 筆ペン 5ml×2本 (本体+詰替用) 19-535

ブラウスの布の端切れでコサージュも作りました。

ボタンも手持ちのいいのはなかったのでUVレジンで作りました。全部家にあるもん使ったので材料費は0円でした。(※手芸は基本外注な一般のご家庭の場合は材料費というかまともに使える機材の費用が軽く10万超えな気がします)

パジコ UVレジン ソフトモールド ボタン 40177

パジコ UVレジン ソフトモールド ボタン 40177

こういったドレスコードが決まってる場合にどれだけハズしたり遊んだり可愛くしたりできるか考えてるとすっげー楽しいです。 しかし当日だれもつくったとか気づいてくれなかったですね。まあいいや。

制作期間的なところはスカートは2時間、ブラウスとコサージュで3晩(日中は仕事)くらいですかね。両方120cmでつくったけど、ブラウスはぴったりめでした。

嬢ちゃん2曲くらい歌ってたけど、なんかしかめっ面でした。だるかったんか。 先生がたの妖怪第一体操がわりとキレキレでした。 連れてこられたサンタがこどもたちの鋭い質問にギリギリ苦しいかんじに答えてて微笑ましかったです。面白かった。

では見ていただいてありがとうございました。