読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smallpalace's blog

鯖缶主婦の日々の記録です

FEif白夜クリアした

ゲーム

こんにちは。smallpalaceです。

というわけでちょっと前の週末にやっと白夜クリアしました。(前日は旦那さんの誕生日にとハンバーグを作って祝ってました。)

何やってんの勉強しろ的なツッコミは甘んじて受けなくもないんですが、私からゲームを取り上げたらなんて色あせた人生だろうかと思うわけですよ。まあほどほどにしてると思います。たぶん。

それはさておき、ここからはガチにプレイした人じゃないと何のことやらという感じかと。

ラスボスにトドメをさしたのはモズメ、シャラ親子で弓聖、魔女でした。 親世代の支援会話コンプしたかったけど作業すぎて眠かったもので、23章の手前で子世代全員出しました。

工夫して強い子世代出す的な、一応考えてやったのはスズカゼとセツナで追撃だしやすいミドリコとか、 タクミとアクアでキサラギの力と早さ強化とか、ツクヨミとモズメで鬼強いシャラとか、まあいろいろ。覚醒で物理父にしたらへなちょこブレディができあがったりリヒトで鬼強くなったりで身に沁みてたのでそこそこまじめにやりました。 余りをくっつけたら意外と固い必殺出しまくり剣聖が出来上がったヒナタとリンカ産ヒサメ。(漬け物好きエピソードがちょっとほんわか。)髪色がちょっと違和感ですが。リンカは鬼神の一撃スキルで必殺20%なのがいいですね。育てたら力とかHP低くてもあんまり気にならなくなった。兵法者はHP補正かかっていいかも。死線スキル覚えるので削られる前提だからなんですかね。

他の人々も親世代は全員上級職LV17以上くらいに子世代も上級職LV15までは育てた結果、すごい使いづらいのはあんまり居なくて、ちょっと不安で途中で良成長をどっかのキャッスルでもらって来たのがツバキとカザハナでした。ヒナタもつけとけば良かった。暗夜だとニュクスが候補かな。ジョーカーも後半アクセサリー化してしまうのであるといいかもと思いました。。目覚ましい成長だったのはやっぱりモズメとアサマとサイゾウかなー。

支援上げしてる時に誰と誰が支援あったか始まってからわかりずらいと思いました。

めっちゃ重要だと思ったパラメータは速さ。速さ足りないとアクセサリー(防陣後衛)になるかんじだった。オロチ超遅かったので未婚になってしまった。暗夜だとアーマーにして守備隊型スキル取得とかで遅くてもなんとかなるらしい。セツナとか速さ以外のパラメータ若干微妙だけど速いから追撃するし攻撃避けれて結構使えた。あとは技高い方が命中高くなって必殺技っぽいスキル発動率も上がるしバディで凶鳥無理に取りにいかなくていいかもと思いました。 すげー強い職は弓聖かなー。逆にイマイチだったのが天馬武者。全員下ろすとちょっと不便になるけどツバキとヒノカは下ろした方が全然強かったですね。この二人をくっつけると職資質がかぶってマリッジプルフで成れる職がパラレルでなれる第二資質のになるのでツバキを槍聖にできていいなと思いました。

失敗したなーと思ったのがカムイの名前が意図せず子供とかぶったのと得意を技で苦手を魔防にしちゃったのでメイドにして魔殺しとらないと全然ダメなくらいで竜石が飾りになってしまったことですかね。ジョーカーとだとカンナもそんなに強くならずで。暗夜だとレオンなら竜石が生きるのかなー。イザナでもいいか。チャラいけど神聖とか不思議な魅力スキルついてても違和感がないような。得意は魔力で苦手を幸運にするといいっぽいのかな。

覚醒は疾風迅雷が最強壊れスキルでしたが今回は破天と鬼神と凶鳥と写し身がそういう感じで他にも面白いスキルが多かったですね。昔からある流星もつど必殺判定でいいかんじ。戦闘指揮とかもいっぱい持ってる人がいたら地味にいいかんじかも。

子世代だして地味にびっくりしたのがゾフィーの個人スキルが追い剥ぎ(服が剥げるやつ)なことですかね。そんなギャグ仕込まなくてもいいのにwと思いました。艦これのせいか。

まあこんなところで。色々考えてやったけどクリアするだけならリョウマで無双でいける気がします。たぶん。雷神刀強いし。でもそれだとあんま面白くないかな。

暗夜はマップ面白いらしいので楽しみです。白夜はまあマップは簡単だったかな。暁のアイクが攻めてくるマップみたいな今だに覚えてるような印象的なのは無かったかも。まあカジュアルモードなせいで緊張感がなかったし計算するのがむずかしくなったとかもあるかな。金策と経験値マップで育てられるせいもあるか。

とりあえず10章まできて、カムイのパラ調整からやり直したおかげであこがれの竜石壁運用出来てて満足です。なんだかエルフィーが鬼強い。鬼神と槍達人キャッスル継承でつけたせいだけど。写し身迅雷歌うとかちょっとやってみたいと思ってるところです。

では、みていただいてありがとうございました^ ^